脱毛の主流はレーザーと光照射

サロンやクリニックでの脱毛は痛いというイメージを持っている人が多いでしょう。

多くの人が受けている手術とは言え、まったく痛みがないわけではありません。痛みに対して強い恐怖心を持っている人なら、それだけで二の足を踏んでしまうことでしょう。しかし、現在サロンやクリニックで主流となっているのはレーザーによる施術です。

以前のニードル式に比べるとずっと痛みは少なく、施術も短時間で済みます。ニードル式での脱毛経験者の話しか聞いていない人なら、痛いというイメージを持ってしまうのも当然かもしれません。

しかしレーザー式であれば、耐えられないほどの痛みを訴える人は多くありません。医療クリニックで施術を受けるのであれば、麻酔を検討してもらうことも可能です。エステサロンの光脱毛であれば、そもそも出力が弱いので、それほど強い痛みは感じません。レーザー脱毛とは、レーザーによって毛根にある毛母細胞と毛乳頭を破壊し、毛を抜けさせる方法です。

レーザーは黒い色に反応しますので、太くて黒い毛に適しています。ワキやVライン、手や足にも広く使われています。医療用レーザーは出力が大きく、広範囲に短時間で施術を受けることができるのがメリットです。但し医療用ですので医療機関でしか受けることができません。費用は比較的高額です。それに対してエステサロンで使われている光脱毛は、レーザーと同じような仕組みで光を照射して毛母細胞と毛乳頭を破壊します。手頃さが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *