レーザー脱毛の施術と皮膚の炎症

あまり人には話したくない女子の肌悩みとして、ワキやデリケートパーツの皮膚の黒ずみがあります。

デリケートパーツは、ショーツなどの擦れもありますが、ワキと同様に自分でやってきたムダ毛処理が原因になっていることが多いです。半袖やノースリーブを着用するときには、ワキのムダ毛は処理しないとなりませんし、夏になって海やプールの時には、水着のためにビキニラインも処理することになります。多くはT字カミソリで剃るパターンですが、皮膚を毎回カミソリの刃で削っていますので、肌は次々とダメージを受けます。

傷をつけられた肌は回復をするためにも炎症を起こしますが、その回復を待つことなく次のカミソリ処理をするので、炎症が収まる暇がありません。そのうちに炎症は慢性化をして、皮膚には黒ずみができて、色素沈着となって残ります。だから、ワキやデリケートパーツには、黒ずみの肌が多くなるのです。色素沈着は改善ができない症状ではなく、レーザー脱毛のお手入れをすることで、ゆっくりと肌は回復をしていくことができます。

特にレーザー脱毛が良いのは、毎回必ず脱毛の結果を出すので、カミソリ処理の回数がどんどん減っていくことです。レーザー脱毛でワキやデリケートパーツの体毛が少なくなることで、カミソリ処理が不要となっていき、皮膚の炎症も起こす必要がなくなります。数回のレーザー脱毛を繰り返していくことで、皮膚の炎症や黒ずみは次第に消えていくことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *