ワキ脱毛したらワキガになるの?

エステサロンや医療機関で脱毛施術をする人が増えています。

ムダ毛の自己処理から解放されることや自己処理による肌トラブルを回避できることがメリットです。女性の脱毛部位で人気があるのがワキ脱毛です。夏の暑い時期など、露出度が高い時期になると気になる部位で、ワキ脱毛を希望する人は多いです。ところが、ワキ脱毛したらワキ汗がひどくなったという話があります。また、ワキガにもなるという噂も存在します。これは事実なのでしょうか。ワキ汗がひどくなったという話の理由は、ムダ毛が無くなったことで抵抗がなくなり、汗の分量は変わらないけれども汗が流れやすくなってそう感じる、ということです。

また、汗が多くなった気がすると意識しすぎて、汗の分量が多少多くなることはあるようです。制汗スプレーや汗ワキパッドなどを上手に利用したり、気にしすぎないことで改善できます。また、ワキ脱毛したらワキガになる、といった噂に関しては、結論からいえばウソです。ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗によるものなので、脱毛とは関係がありません。

では、なぜそのような噂があるのかということですが、汗が流れやすくなったことで汗の臭いがきつくなったと感じる、ということからだと考えられます。汗臭さは、汗が皮脂や雑菌と混ざり合うことで臭いを発します。ムダ毛が無くなった毛穴には、皮脂などが詰まりやすく、それが原因で汗臭さにつながることがあります。毛穴に詰まった分泌物を取り除いたり、汗をこまめにふき取ることで汗臭さは改善できます。ワキ脱毛でワキガになるということは決してありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *