最新水漏れ修理情報

トイレ修理、自分で対応できる場合できない場合

トイレの故障として最も多いのは「つまり、あふれ」であると便器会社は発表しています。

こうした故障に対する自分でできる修理の方法は大きく分けて三つ。一つ目はトイレ洗浄用の柄の付いたブラシを便器の奥まで挿入し、つまりの原因である異物を取り除くことです。詰まっているものが少量であったり流れやすいものであれば修理することが可能ですが、自分の手を汚すことになるというデメリットが存在します。二つ目はトイレ用のラバーカップ、俗に「スッポン」と呼ばれるものを便器に挿入し、押し付けて圧をかけた後に引き抜く、という方法です。

この方法は自分で出来る方法の中では最も効果が高く、大量の異物のつまりや構造の複雑な旧式の便器にも適用できるという強みがあります。三つ目は少々特殊な方法で、何もせずにただ放置するだけというものです。トイレの故障は異物のみならず、大量のトイレットペーパーや流してもよい猫砂等、流す事を前提とした品物によっても引き起こされます。

そのため、時間を置くことで自然とそれらを溶かし、つまりを解消するという方法です。これらの方法を行うことで大抵のつまりは解消できますが、旧式の便器に大量の異物が詰まってしまったときなどは、配管のレベルでの修理を行わなければなりません。それを一般家庭で行うことは非常に難しいため、上記の三つの方法のいずれも効果を示さなかった場合は速やかに水回りの修理を専門とする会社に連絡を取り、修理を依頼することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *