最新水漏れ修理情報

屋外水栓器具の水漏れ修理の方法と使用する部品

浴室やキッチン・トイレなど、一般家庭の住居内には4個以上の水栓器具が備わっています。

水は我々が生活するうえで欠かせないものであり、これら器具も1日数回以上使用する生活必需品に位置付けられます。また屋内だけでなく屋外にも水栓器具があり、庭に水をまいたり洗濯等でも使用します。どの器具も使用頻度が高いため必然的に不具合が生じやすいものですが、屋外の場合は特に寒暖差の影響を受けて劣化しやすいという特徴があります。ハンドルバルブを閉めているのに蛇口から水が流れ出ている、という水漏れがあった場合はその劣化が進んでいる証拠なので、早急に修理をしましょう。屋外水栓器具の修理には耐候性のある部品を使用するので、家屋内の水栓器具修理とは若干異なります。しかし、基本的な修理方法は同じなので、セルフ対処が可能です。

水漏れの場合は基本的なパッキン取り替えをおこないますが、屋外用としては「硬化ラバーパッキン」という専用部品を購入します。この「硬化ラバーパッキン」は通常のものとは異なり、耐候性に優れているため寒暖差が激しい環境下でも劣化しにくいものです。ホームセンターや通販サイトで1個500円前後で購入可能です。修理時はスパナという工具を使用してハンドルバルブを反時計回りにまわして取り外し、バルブ内に備わっているパッキンを新しく購入したものと入れ替えたら水漏れは収まります。高度な技術や知識は不要で、やり方さえ覚えたらどなたでもおこなえて経済的な方法です。
水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *