最新水漏れ修理情報

自分で水漏れ修理をする

自宅内での水回りは、定期的に利用することが多くパーツの劣化や破損などによって水漏れの被害がでてしまうこともあります。

ですが状況によっては自分で修理が可能な場合もあるため原因をしっかりとチェックして判断してみましょう。パーツの摩耗による水漏れなどの場合には、パッキンなどを新しく交換することで修理できる場合があります。吐水口から水漏れしているなどの場合には、ケレップが劣化している可能性があります。止水栓を止めて、カバーナットを取り外しましょう。その後、ハンドル部分を左に回してゆっくりと緩めていきます。そうすることで水栓の上部だけ取りはずせるので、その後原因と考えられるケレップを持ち上げます。

この時はピンセットなどがあると取り出しやすいのでピンセットなどを準備しておきましょう。摩耗、劣化している場合には同じパーツの購入をしておき、それを取り換えることで水漏れを防ぐことができます。パーツを交換したら水栓上部をきちんと締め直して、修理が完了します。水漏れが生じた場合には、冷静に原因をチェックすることと自分で対処できる範囲か判断していくことが最も重要です。気付くのが遅かったり、判断ミスしてしまうと被害が広がってしまう可能性があるためできるだけ早い段階で判断をすることが大切だといえます。普段から水回りに関して、パーツの摩耗や劣化していないか定期的にチェックしておくことも被害を出さないための対策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *