最新水漏れ修理情報

水漏れの原因と修理方法について

一般家庭で起こる水漏れは、給水系統や排水系統からの漏れが多いです。

給水系統の例では、トイレのロータンクからの漏水や台所の流し台の水栓からの水漏れがあげられます。排水系統の主な例は、洗濯機の排水用のホースからやトイレの便器からの漏れ、雨水用の配管からのものなどであります。トイレのロータンクや流し台の水栓は給水管とつながっているので、ここから漏れていることが多いです。漏れている場所がそこであれば、自分で工具を使って接続部を増し締めすれば修理することができます。洗濯機のホースからの水漏れならば、本体につながっているホースが外れたことが原因である例が多いので、ホースのたわみに注意しながら接続しなおせばなおる場合があります。屋根の雨水管の漏れでは、土砂や枯れ葉が管やルーフドレンに詰まったことで起こっていると考えられますので、管やルーフドレンの掃除をすることで解決できます。

便器から漏れているのであれば、匂いによって漏れの原因が給水からなのか排水からなのかが判断できます。給水からならば、水栓と同様に器具と給水管とのつなぎ目を増し締めして修理ができますが、排水系統からであった場合は自分で修理することは難しいです。これは、便器と排水管との間に発生したすき間が原因であることが多いためであり、便器の取り外しを余儀なくされるからです。この場合は水道業者などの専門家に依頼をすべきです。水漏れは現状の把握をすることで原因究明ができ、対応が自分でできるのか専門業者に依頼すべきかの見極めができます。無理に自分で行ったことで器具を壊してしまっては元も子もありませんので、冷静な判断がたいせつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *