最新水漏れ修理情報

蛇口の水漏れ原因|シングルレバー混合水栓の場合

蛇口からの水漏れは、住宅内の水のトラブルの中でも比較的起こりやすいものの一つですが、水が漏れている状態を放置すると余計な水道代がかかってしまいます。

したがって、水漏れが発生した場合は早急に対処すべきと言えますが、一口に蛇口と言ってもその種類は大きくシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓の2つのタイプに分けられ、それぞれのタイプで水漏れの発生原因は異なります。そこで、ここではシングルレバー混合水栓から水が漏れる原因について確認していきましょう。シングルレバー混合水栓は、レバー1つで水量と水温を調整できるタイプです。蛇口の中でも現在主流のタイプとなっていますが、シングルレバー混合水栓から水漏れが発生する原因は、どこから水が漏れているのかによって異なります。

レバー下から水が漏れている場合、バルブカートリッジの不具合が原因であることが多いです。バルブカートリッジは、水量や水温を調整する重要な役割を担っていますが、このパーツは消耗品なので長年使用していると劣化してしまうことで水が漏れる原因となってしまいます。また、接続部分のナットの緩みや破損も原因として考えられます。水を止めているはずなのに吐水口からポタポタと水が漏れている場合も、バルブカートリッジの劣化が主な原因です。

また、カートリッジの劣化以外にもOリングやUVパッキンなどパッキン類の劣化も疑われます。スパウトと呼ばれる胴体部分から水が漏れている場合や、シングルレバー混合水栓の根本から水が漏れている場合についても、排水管などとの接続に問題がなければ、パッキンの劣化が原因と考えられます。バルブカートリッジやパッキンの劣化によって水漏れが起こっている場合、交換用のパーツを用意できれば自分でも修理可能です。しかし、自分で直す自信がない場合は専門の修理業者に依頼したほうが無難でしょう。
蛇口の水漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *