最新水漏れ修理情報

蛇口からの水漏れの主な原因

蛇口からの水漏れの原因にはいくつかありますが、主な原因として覚えておきたいのがパッキンの摩耗です。

水が出てくるパーツとの接合部分から水が出てくる時には、接合部分のナットを外してパッキンを交換する手順になります。詳しく見ていくと、接合部分はナットで締められていて、この部分をモンキーレンチで緩めることで外せる状態になります。取り外すとすぐにパッキンが見えますので、それを新しいものを取り換えましょう。このトラブルへの対処はとてもシンプルですので、誰でも簡単にできます。

ハンドル混合水栓の蛇口から水漏れしているケースでは、水と湯に分かれていますのでトラブルが起きている方のケレップを交換します。ハンドルを外す際に邪魔になるのが上部についているキャップであり、マイナスドライバーがあればすぐに取り外し可能です。キャップが無くなるとネジが見えますので、それをドライバーで回してハンドルを引き抜きます。

次にモンキーレンチを使って止水バルブを外し、内部のケレップを取り出して新品と交換すれば水漏れは直ります。一度に両方のケレップを交換する必要はなく、問題が発生している方だけを修理するので構いません。一般的に湯が出る方が早く劣化するようです。蛇口の修理では、ナットを締める時にはしっかりと締めておくことが大切です。これらの手順が完了したら、実際に水を出してみて通常通りに使えることを確認しましょう。小さなパーツの交換だけなら意外と簡単に終わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *