最新水漏れ修理情報

蛇口の水漏れ原因|ハンドル混合水栓の場合

蛇口には様々な種類がありますが、大きくシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓の2種類に分けられます。

ハンドル混合水栓は、古い住宅に取り付けられていることが多いタイプの蛇口で、現在新たに設置されるケースはほぼありません。しかし、シングルレバー混合水栓よりも構造が単純な蛇口なので、修理しやすいというメリットがあります。そのため、万が一水漏れが起こったとしても自分で対処できる可能性が高いと言えますが、自身で修理するのであれば水が漏れてしまう原因について知っておくことが大切です。ハンドル混合水栓の水漏れパターンの中でも、最も多いとされているのはハンドル下部からの水漏れとされています。

しかし、ハンドル混合水栓は、シングルレバー混合水栓のように複雑なパーツが内蔵されているわけではないためその原因は比較的単純です。ハンドル混合水栓のハンドルは、上部からねじで留められているのですが、そのねじ先にはナット・三角パッキン・スピンドル・コマパッキンといったパーツがつながっています。これらのパーツは基本的に消耗品であるため、ハンドル操作を繰り返していることで徐々に劣化してしまうことで、水漏れが発生してしまうのです。

なお、可能性はパッキンの劣化よりも少ないものの、ナットの緩みが原因である可能性もあります。加えて、吐水口からの水がポタポタと漏れている場合においても、コマパッキンなどの劣化が原因と考えられます。また、吐水口パイプと本体の接続部から水が漏れている場合においても、接続部に使用されているパッキンの劣化によって引き起こされていることが大半です。このように、ハンドル混合水栓から水漏れが発生する原因は主にパッキンの劣化となります。なお、パッキンはホームセンターやネット通販などで購入できますが、パッキンの交換はそこまで難しくないので自分で修理することも十分に可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *