最新水漏れ修理情報

蛇口からの水漏れはパッキンを交換

普段使うキッチンや洗面台で蛇口から水漏れしていることに気づいたら、パッキンの交換をしてみましょう。

大抵はこの作業だけで収まりますので、交換の仕方を学んでおくといざという時に役立ちます。準備として、交換用のパッキンは購入しておきましょう。メーカーや型番によって大きさが異なり、少しでも違うとその役割を果たすことができません。大抵は量販店で入手できますが、見当たらない場合にはメーカーの直販サイトを調べてみると購入方法が分かります。入手困難なタイプでも、メーカーのサイトでなら売られています。

ご家庭で使われることの多いハンドル混合水栓の蛇口から水漏れしている場合の修理手順は、止水栓を閉めて水をストップするのが最初です。次にマイナスドライバーを使ってキャップを外し、プラスドライバーを使って固定ネジを外してハンドルを引き抜きます。そうすると中に入っているパッキンが見えますので、傷がついていないかを確かめます。

見た目には問題が無くても、実際に水漏れしている時には何らかの異変が起きているため、そのまま新品に交換するのが無難です。蛇口の水が出てくる部分から発生した時には、内部にあるケレップを交換します。パッキンの作業と同じようにキャップとハンドルを外していき、止水バルブをモンキーレンチで取り除いたら内部のケレップを取り出して新品と取り替えます。最後に外した部品を元に戻して水漏れが起きていなければ修理は成功です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *