最新水漏れ修理情報

蛇口の種類によって水漏れ対処法は異なる

ご家庭で使用されている蛇口で水漏れが発生したら、まずは種類を確認する

ことが大切です。シングルレバー混合水栓やハンドル混合水栓の場合には造りがそれほど複雑ではありませんので、よくあるパッキンの交換でも手順に戸惑うことはほとんどありません。しかし、中にはステップ数が増えるタイプの蛇口もあり、水漏れの修理にも時間がかかるかもしれません。多少時間はかかっても、きちんと順を追って修理していけば直せます。

新しい家に取り付けられていることの多いワンホール混合栓では、パッキンの交換をする際に準備すべきものがいくつかあり、新しいパッキンやモンキーレンチ、精密ドライバーは必須です。また、製品によっては六角レンチが必要になり、サイズに合わせて用意する必要があります。他の種類の蛇口と同じように、水漏れ修理をする前には止水栓を閉めます。

レバーハンドルを固定しているネジを外し、ハンドルを引き抜いてから外カバーを外すとカートリッジが見えてきますので、これをそのまま新品と交換することで修理可能です。カートリッジを交換後は逆の手順で元に戻していき、レバーをひねって水が漏れないことを確認します。見た目がおしゃれで使いやすいワンホール混合栓ですが、シンプルな造りの蛇口と比較すると取り外し方から迷ってしまうという声もよく耳にします。その場合は画像つきで説明しているようなサイトを見つけて、それを見ながら修理するのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *