最新水漏れ修理情報

マンションで見受けられる排水口つまりの対応

水道を使用するということは、必然的に下水道も使用するということです。そのため、洗面所やトイレ・キッチンの流し台といった各水回り設備には必ず排水口が備わっています。この排水口はJIS規格で必ず直径が10cmと定まっており、さらに下水道へと直結している配管は直径4cmと細いのが特徴です。水だけを流すのであれば問題はないのですが、流し台であれば野菜の切れ端が流れ込むことがあり、トイレに至ってはペーパーやペットの砂を水と一緒に流される場合があることでしょう。

排水口つまりという現象を、一度は経験されてたことはありませんか。水が下水道へと流れず、逆流してくる現象のことを指しており、特にマンションで発生しやすいのが特徴です。マンションの場合、各部屋から発生した排水を1つの排水管で同時に処理をしています。これにより排水管内の空気圧が一定に保てず、スムーズに水が流れないことで異物も詰まりやすく、排水口つまりを引き起こします。

戸建て住宅の場合、排水管は各家庭の専用管となっているので排水口つまりが起こり難く、たとえ起こったとしてもパイプクリーナーで簡単に対応することが可能です。ところがマンションの場合は共用排水管となっており個別の対応が難しいです。トラブルが発生した際は必ず専門修理会社に連絡をおこなって対応してもらわないといけません。修理の方法としては高圧洗浄機を用いた排水管洗浄が一般的で、排水口から排水管内に詰まっている異物を水の力で下水道へと押し流します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *