最新水漏れ修理情報

集合住宅内の水道詰まり修理で実施されている対処法

毎日数十回もの回数で使用する水回り設備は、家族全員が共有するということを踏まえると何かしらの不具合が発生しやすい特徴はあります。特にキッチン・洗面所の水栓器具に至っては、水を使うために必ずハンドルバルブを開閉するので、数年に1度は不具合が発生しても何ら不思議ではありません。器具のハンドルを開放しているのに、蛇口からは少量の水しか出てこないという現象を体験すると、大半の方がハンドルバルブの故障と思われることでしょう。ところがこの現象は水道詰まりという別の不具合によって起こっている可能性が高いです。

水道詰まりも非常に発生すやすい不具合のひとつで、国内では年間約400万件もの数で発生していることが総務省の報告書から見て取れます。戸建て住宅であれば修理専門会社ではワイヤーブラシという専用の道具を用いて、住宅内の配管内を洗浄して問題を解決されます。ところがマンションやアパートといった集合住宅だと、どの配管内で水道詰まりを起こしているのか把握できないため別の方法で修理がなさえるのが特徴です。集合住宅で実施される水道詰まり修理の場合、高圧洗浄機を用います。

集合住宅では必ず最上部に給水タンクを設置して、ここから各部屋へと主管を通して配水します。修理の際はこのタンク内にコンプレッサーで水圧を高めた水を放水して、その力で詰まりの原因となってる異物を洗い落します。この修理方法は集合住宅全体に影響を及ぼすので、問題が発生した際はまず最初に管理会社に報告しなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *