最新水漏れ修理情報

一般住居内の水道詰まりが起こる要因と修理法

水栓器具のハンドルバルブを開放しているのに、十分な水量が確保できないというトラブルに遭遇したことはありませんか。これは水道詰まりが起きた時に見受けられる症状で、日本に一般住居では比較的起こりやすい水回り設備のトラブルです。水道詰まりを誘発しているのは水に含まれる塩素で、日本では必ず一般住居に配水する際は浄水場で塩素消毒を実施します。これにより蛇口から流れ出てくる水を直接飲むことができますが、塩素は長い期間水栓器具に付着すると結晶化するので水道詰まりというトラブルも引き起こします。

この水道詰まりが発生した際は、修理をすればすぐに元通りの水量を確保できるようになります。修理法は2種類に分けられ、専門会社に依頼をするか自分で対応する方法から希望に合ったものを選びます。専門会社だと1回の依頼につき約8、000円の費用が必要ですが、確かな技術と知識を有したプロが対応するのでしっかりと修理を完了させてくれるのが特徴です。自分で対応する場合は修理道具をホームセンター等で買い揃える費用しか掛からず、低コストで対応できます。

DIYが得意な方であれば、挑戦してみる価値はあるでしょう。どちらの修理方法であっても、水道詰まりを解消するには「ワイヤーブラシ洗浄」という方法をとることになります。ワイヤーブラシという道具を用いて水栓器具内に詰まっている塩素の結晶を取り除いて洗浄します。ブラシは蛇口から器具内へと挿入されるだけで、器具を取り外すことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *