赤ちゃんが置いたら泣くのはなぜ

赤ちゃんは、まだ自分の感情や意志を上手に相手に伝えることができません。

ノースフェイスの子供服情報ならこちらのサイトです。

赤ちゃんにとって、唯一ともいえる、意思伝達の手段は、泣くという方法といえるでしょう。そうした赤ちゃんからのサインを、いかに感じ取っていくかが、子育てにとってのポイントともなりますが、泣く理由にも、さまざまなケースが考えられるので、対処法もさまざまです。



これには、毎日の様子をしっかりと観察して、判断するしかないともいえます。
お腹が空いていたり、暑かったり、おむつが汚れているような場合には、それらに合わせた対応をすることで、すぐに泣き止むことにもなるかもしれません。しかし、眠い場合や具合が悪いような時、また、不安に感じている際には、抱っこしてあげることが、赤ちゃんの欲求に答えることにもなります。

特に、眠るという、大人にとっては自然のことも、赤ちゃんにとっては、コントロールすることが難しいものです。

おそらく、眠くなることが良いことなのか、などという認識さえないでしょう。



しかし、親にとっては、いつでも抱っこし続けていられるわけではありませんから、眠りについたようなら、そっとベッドに置きたくなるものです。

しかし、たいていの場合、すぐに察知されて、置いたら泣くケースが多いのではないでしょうか。
なぜ、静かに気をつけたとしても、置いたら泣くことになるのか、本当に不思議なものです。

でも、これは、抱っこされているということがそれだけ安心だということの現れともいえます。
親にとっては、置いたら泣くのでは困ってしまいますが、成長すればなくなることですので、温かく接してあげたいものです。