知っておきたいiPhoneXの以外な落とし穴

###Site Name###

日常生活で欠かすことのできないツールの一つスマートフォン。


いつでもどこでもインターネットに接続することができ、電話やメールなどの連絡だけではなく、ショッピングや、使い方によってはビジネスツールともなる現代人の必需品です。

その中でもiPhoneXは絶大な支持を得ており、多くの人が所有しています。

iPhoneXをはじめとするスマートフォンは便利なツールとしての他にもファッションアイテムとしても一役買っています。

自分の好みに合わせたスマホケースを装着することでファッションの一部としても楽しむことができます。
しかし、このスマホケース、実は大きな落とし穴があるのです。

ケースを装着することで、スマートフォン内部に溜まった熱を十分に発散することができず、本体に熱が溜まってしまうトラブルが発生します。

これはiPhoneXに限ったことではありませんが熱が溜まってしまうと電池の減りが以上に早くなってしまったり、本体が熱暴走を起こして突然電源が落ちる、などの誤作動を発生させてしまうのです。ケースの素材やデザインによってもトラブルの症状も様々ですので一概には言えませんがスマホケースを選ぶ際にはそういった放熱性も考慮して選ぶように心がけましょう。

キャリアやメーカーによってはケースを装着している場合の誤作動による故障は保証対象外となってしまう場合もあります。



使わないときはケースから外しておく、など放熱に対して配慮することも必要なのです。iPhoneXは外でも自宅内でも快適に使えるスマートフォンとして人気が高いですが、困ることが多いのが速度低下です。
iPhoneXはアンテナが分かりづらいのですが、内蔵されています。
そのため、その部分を手で覆ってしまうと速度低下することが多いようです。



アンテナの場所は機種によって変わりますがインターネット上に公開されています。アンテナを塞がなくても速度低下する場合には電波状態をチェックします。


電波については3GやLTE、WIFIで対応が変わってきます。3GやLTEの場合は室内が鉄骨の場合はほぼ改善が難しいです。
対してWIFIの場合は宅内のWIFIルータの場所を変えてみることで対応出来る場合がありますが、移動できないことも多いようです。



その場合にはWIFIの中継器を利用します。WIFIの中継器はiPhoneXとの接続を代行してくれる装置であり、数千円で買えることが多いです。
また、WIFIルータとセットで販売されることも多いようです。
中継器は1階と2階の真ん中においたり、接続が悪い部屋の側に置くなど場所を調べなら試してみると良いです。
ただし、中継器には電源が必要となるので注意が必要です。

iPhoneXの場合電波状態が悪くても比較的WIFIと接続してくれるのですが、雑音がひどすぎる場合は難しいです。

雑音としては電子レンジやレーザープリンタなどがありますので利用する際は時間を短くするなどの対応が必要です。