iPhoneXのパーツを購入する際の注意点

###Site Name###

iPhoneXは単体で利用するだけでも便利ですが、アップル純正、サードパーティ製を含めて多数の対応パーツを利用すると楽しみが増します。

iPhoneXのパーツで多いのが音楽関連です。ヘッドホンやスピーカー、コンポ、FMトランスミッタなどiPhoneXの音楽機能をフル活用するパーツが多数販売されています。


これはiPhoneX3Gからの傾向で音楽のためのパーツが豊富なのも魅力と言えます。

しかし、iPhoneX5以降は購入の際注意点が1つあります。

それはMFi認証をとっている製品を選ぶことです。



MFi認証とはアップルが認めたパーツであることを示します。

5以降ではライトニング端子を利用する製品が多いですが、ライトニング端子はデータ転送以外にも多数の制御を可能にしており、それらすべてをアップルが管理しています。

MFi認証はそれらを利用することを許可したことでもあります。


MFi認証を取っていない製品でも独自にりようできることを検証したパーツも多数販売されていますが注意したいのは今使えても明日使えるか分からないということです。



MFi認証は主にOSのバージョンアップで厳しくなると言われています。
そのため、現OSで問題ないからといっても、パッチがあたった段階で駄目になる製品も少なくありません。

OSのバージョンアップでダメになった製品の場合のほとんどはそのまま使えなくなることが多く、製品によってはメーカーのバージョンアップを受ける必要があるようですiPhoneXは音楽プレーヤーやアプリのためだけに使えるわけではありません。

iPhoneXはさまざまなファイルのビュワーとして大活躍します。

iPhoneXで扱えるファイルはPDFやテキスト、音楽、動画の他にアプリによってはWORDやExcelも可能となってきています。

これらのファイルはUSBメモリやメールで本体に送ることができますが、最近話題となっているのが各種食らうサービスの利用です。


iPhoneXで利用するクラウドサービスで特に人気になっているのがDropboxです。

DropboXは無料枠が数GB用意されていることもあり、大量のファイルも無料で扱えるので人気が高くなっています。



DropboxをiPhoneXから利用するには専用のアプリを利用します。


アプリではアカウント取得も行えるのですぐに利用することができます。
DropboxはPCやマック用のクライアントも無料なのでファイルの共有はとても簡単です。

スマートフォンで利用する場合にはPCやマックのようにファイル本体の共有ではなく、ファイル名の共有となり、必要に応じてファイルをダウンロードする仕組みとなっています。
ダウンロードしたファイルは場所を選択して保存できますが、殆どの場合は直接アプリのビュワー機能で見ることが多いようです。Dropboxの場合は音楽、動画、テキスト、画像のそれぞれを単独で見ることができますのでとても便利に使えるので人気があります。