置いたら泣く赤ちゃんを放置してよいか

赤ちゃんは一日何回も泣きます。

ベビー服に有効なサイトです。

泣く原因として考えられるのは、おむつが濡れている、お腹がすいた、どこか体調が悪い、かゆい、といったことがあげられます。
しかし、おなかも満たしていておむつも濡れていないのに泣くことがあります。



例えば、お母さんは赤ちゃんを置いたときです。
お母さんが、置いたら泣く場合どうすればよいか子育て経験者に相談すると「赤ちゃんは泣くのが仕事だから、泣かせておいたほうが良い、その方が肺が鍛えられる」といった意見や「置いたら泣くからと言ってすぐに抱っこすると、我慢ができない子供に育つ」といった意見を言われる場合があります。
では、置いたら泣く場合そのままにしておいてよいのでしょうか?結論から言うと、ずっと放置しておくのは賢明ではありません。

泣いた状態をずっと放置しておくなら、赤ちゃんはいずれ自分の感情を訴えなくなる場合があります。
その結果、不安定で冷淡な子供に育つ場合があります。



また、お母さんに自分の気持ちを上手に伝えられない子になることもあります。


それで、いつまでも放置しておかないようにしましょう。

しかし、置いたら泣くからと言ってお母さんが一日中抱っこしておくと疲れてしまいます。
それで、抱っこひもやおんぶひもを活用しましょう。

また、お父さんやほかの家族にも育児を協力してもらいましょう。


赤ちゃんはあっという間に大きくなりますので、愛情をいっぱいかけて抱きしめて育てましょう。